前へ
次へ

医療従事者が行ってはいけないこと

医療従事者は常に冷静に対処をしなければいけない、ということがあります。
パニックになったり、慌てたりすると命に関わるミスを犯してしまうリスクが高まります。
1つのミスが人の命を奪うことに繋がってしまうので、医療従事者は冷静さを欠かしてはいけないと言われています。
また幼い子どもの病気の告知、余命に関する話を家族にしなければいけない場合、どんな状況であっても涙を流すことがあってはいけないと言われています。
それは家族に不安を与えるだけになってしまうので、どんな状況でも感情を表に出してはいけません。
担当をしていた患者がもしも逝去をした場合でも涙を流すというのは基本的には推奨されていません。
特に告知の際に涙を流すようなことがあると、それは医療従事者失格ということになってしまいます。
プロだという意識をしっかりと持って仕事に取り組まなければいけないので、精神的にも肉体的にも負担がかかる仕事だということができます。

Page Top